スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| | スポンサー広告

油断大敵

2006.09.28


さて、駆け出しとは言えいつまでもヘイブン近辺にばかり居てもしょうがない。

ユーには包帯の原料となる羊の毛を刈るために何度か訪れていたのだが、そういえば他の都市のことをほとんど知らないことに気付いた。
せっかくブリタニアまで来たのだから、ブリタニアのいろいろな都市を見て回ることにした。
とは言え、フェルッカに行く勇気はまだない。まずはトランメルの都市を順番に訪れてみる。

まずはブリテイン。
やはり首都だけあって街中も活気付いている。とくに第一銀行前などは人でごった返していた。街の広さもヘイブンとは比べ物にならない。

ブリタニア第二の都市、トリンシックも立派な街であった。パラディンの街だけあり、建物のひとつひとつが光を放っているようにも見える。
しかしながら、これだけの街でありながら冒険者とほとんどすれ違わないのは何故だろう?

他にも、ジェロームやヴェスパー、ミノックやスカラブレイなどさまざまな街を歩いたが、共通するのは冒険者の数が少ないこと。
トランメルではブリテインとヘイブンに冒険者が集まる傾向でもあるのだろうか?
フェルッカではまた傾向が違うのかもしれない。もっと強くなったらフェルッカを歩いてみよう。


ユーの森を歩いている途中、街道沿いに行き先看板を発見した。どうやらユーからブリテインへと至る街道があるらしい。
これまでは街の移動にムーンゲートを使用していたため、街と街の間の位置関係など全くわからなかったが、この地で暮らしていく以上、いつまでもそんなことを言っていられない。よい機会なので、徒歩でブリテインまで向かうこととする。

途中どんなモンスターが出てくるのだろうと最初はおっかなびっくりだったが、目の前に出てくるのは主に亜人(オークやエティン、オーガなど)ばかり。これなら私のレベルでも落ち着いて倒せる。なんだ、結構楽しいじゃないか…などと私は次第に警戒を解き始めていた。

そんなとき、危機は突然やってきた。

道のりも後半に差し掛かったころ、前方にひとりの老人が目に入った。ボロボロの薄汚れた衣を身にまとってはいるが、妙に姿勢がよい。
その老人が私に気がつき、こちらを見た。その双眸にほとばしる赤い憎しみに気付いた瞬間………私の身体を電撃が襲った。意識が遠くなりかける。

…リッチだ!

酒場での冒険者の話などからその恐ろしさをいくらか聞いていただけに、全身から血の気が引いた。しかしここは街道のど真ん中。助けを求めて駆け込む相手も、場所もない。
とにかく迎撃しなければ…
包帯もそこそこに慌てて相手の懐まで走り込み、攻撃を浴びせようとする。しかし相手のほうが身のこなしは数段上、攻撃は簡単にかわされてしまう。
それでもめげずにリッチに近づこうとすると、体が突然重くなるのを感じた。武器を振るおうにも、いつものような速さで振るうことができない。

「…!?」

身体能力を一時的に低下させる魔法があると聞いたことがあったが、もしやこれか…!
不幸なことに、このときの私の装備は物理抵抗にウエイトを置いたものであったため、魔法攻撃に対しては裸も同然。浴びせられる魔法の一撃一撃が、私の体力をどんどん奪っていく。
意識が寸断され、我に返った次の瞬間、視界が暗転した。


気がつくと、目の前にはさっきまで私を激しく攻撃していたリッチの死体があった。

…あれ?確かさっき私は意識を失って…

事態が把握できず周りを見回すと、そこにはひとりの男性が佇んでいた。被っている兜の形状がなんだか禍々しく、一瞬警戒したが、すぐにその誤解は解けた。
Lord Aubecと名乗るその男性は年のころは40代くらいだろうか、黒い肌と鋭い目が印象的な気品ある男性だった(兜は禍々しいが)。彼が通りがかったとき、ちょうど私がリッチの魔法を浴びて気絶するところだったようで、見かねて助けてくださったという訳のようだ。

安堵が全身を支配すると同時に、何かお礼をと思い立ち、散らかっている自分の荷物を慌ててかき集める。冒険に必要な最低限のものはなんとか残っていたが、いくつかの武器は奪われてしまっていた。所持金も全て奪われてしまったようで、満足なお礼ができないことを告げると、彼は気にするな、と一言告げ、そのままユーの方面に去っていった。

Aubec卿がたまたま通りがからなかったら、おそらく私はあの場所でだれにも知られず一生を終えていただろう。そう考えると改めて背筋が凍る思いがしたし、偶然とAubec卿の親切に心の底から感謝した。

一息つくのもつかの間、またリッチが出てきてもらっては先ほどの二の舞だ。慌てて街道を走りぬける。ブリテインの街の明かりが見える頃には、もう夜もとっぷり暮れたころだった。
重い身体を引きずって宿屋に入る。身体を清めることもせず倒れこむようにベッドに入り(今思うと宿屋には申し訳ないことをした)、ただひたすら泥のように眠った。

スポンサーサイト

| | Comments(0) | Trackback(0) | Britanniaでの日々

強さというもの

2006.09.24


ひとりで旅をしていても、ふと他人のぬくもりに触れる機会はある。


ヘイブンの街外れを歩いていたら、ひとりの女性に声を掛けられた。

駆け出し冒険者の支援を行う団体の者だと語るその女性は、年のころも私とそんなに変わらないだろう。しかしその華やかな格好や柔らかい雰囲気は、土埃にまみれた私とは雲泥の差があるように感じられる。ところどころほつれた皮鎧を身にまとった自分が、急に恥ずかしくなった。

その華奢で可憐な見た目に反し、彼女はとても博学だった。冒険を行うのに必要な知識を、こちらが恐縮してしまうくらい丁寧に、そして分かりやすくレクチャーしてくれる。これまでの経験ですでに学んでいた知識もいくつかはあったが、再確認するよい機会となった。

何の気なしに、自分に合った防具がなかなか見つからず、買い替えも満足にできず困っていることを話してみた。すると、彼女の口から驚くべき一言が飛び出した。

「よかったら、防具一式お作りしましょうか?」

…なにいッ!ほ、本当ですか!
それは大変ありがたい、ということで彼女と連れ立ち、防具の材料(リザードマンの皮)調達に向かった。リザードマンはこれまでに何度か倒してきた相手なので、落ち着いて1匹ずつ倒すことを心がける。

ふと気がつくと、包帯を巻く前に傷が治っている。彼女が回復魔法で後方援護してくれているのだ。今までずっとひとりで戦ってきた私にとって、初めての驚きであると同時に、これほど心強いことはなかった。
今になって思えば、この時が私がパーティというものを最初に組んだ瞬間だったのだろうと思う。

必要な量の皮の調達も終わり、いよいよ彼女の裁縫の腕前を見せていただくことにする。
彼女は慣れた手つきで次々と防具を縫い上げていき、なんと、ほんの数十分の間に防具を縫い上げてしまった!
縫い上げられた防具の数々は、形状こそブリタニア風であるものの、肌触りや軽さ、身に付けたときの動きやすさはそれまで着けていた防具とは天と地の差ほどのものであった。

style_1

その鮮やかな所業にしばし見とれていると、彼女はさらに一瞬耳を疑うようなことを口にした。
なんと、これらの防具を無料で提供してくれるという。
本当に何から何までお世話になってしまい、申し訳ない思いでいっぱいになった。しかし彼女は特に気にするでもなく

「あなたがこの防具を身に付けて戦って、もっと強くなってくださるのが私の喜びですから」

にっこりと笑い、こうさらりと言ってのけた。
その笑顔には自分の為すべき役割にしっかりとした誇りを持つ者の強さが現れていたように思えた。


彼女の姿から教わったことは、その後の私にとって大きな意味を持っているように思う。

まず、技術を磨くだけでは、本当の意味での強さを身に付けることはできないということ。
何よりも、自分自身に対する誇りを持つことが重要なのではないか。

そして、強さと女性らしさは両立できるものであるということ。
このところずっと、寝ても覚めても鍛錬のことしか頭になく、あまりに外見に目を遣っていなかった自分を省みる。


…よし、今日からは少し念入りに髪を梳かしてから街に出よう。
強さと女性らしさを兼ね備えたしなやかな存在に、少しでも近づけるように。

| | Comments(0) | Trackback(0) | Britanniaでの日々

まずはスタートラインへ

2006.09.20


この腕一本で生きていく決意をした以上、行うことはただ一つ。
精進。
鍛錬。
これに尽きる。

能力に抜きん出たものがない以上、他人より何倍も努力しなければ、掃いて捨てるほど冒険者のいるこの世界では埋もれていってしまう。
とは言え、駆け出しの身であることには違いないので、まずはそれなりの作法を身につけなければ。何事もただ闇雲にやればいいものではない、とは亡き父の弁だ。

駆け出しの冒険者が多く集う街、ヘイブンへと向かう。
ムーンゲートから街道を北に向かうにつれ、周りの景色が徐々に活気づいたものへと変わっていく。
町の中心部、多くの冒険者たちでごったがえす銀行前に佇んでみると、ひとりであるはずなのに何故か心強くなってくるから不思議だ。

まずは戦士の基本、包帯戦術を身に付けるべく鍛錬を開始する。
ひととおりの戦闘訓練は積んだ後に島をあとにしたものの、完全にひとりの状態でモンスターと対峙するのは初めての体験だ。
ヘイブンの北西にある草原地帯に出没するモンスターたちは数こそ多いものの、物理攻撃しかしてこないため、弱い私には打って付けの相手だ。
だが、やはり複数匹に囲まれるとさすがに厳しい。
包帯を巻く手が滑って回復が遅れ、次の瞬間意識が暗転することも一度や二度ではなかった。土埃と自分の血飛沫にまみれた拳をきつく握り締める。自分自身の不甲斐なさへの悔しさに思わず体が震えてしまう。

だが、今はただ、一歩一歩着実に経験を積み重ねていくしかない。

こうして倒れた数だけ自分自身が成長していくことを愚直に信じながら、馬鹿の一つ覚えのように武器を振るい続ける日が続いた。

| | Comments(0) | Trackback(0) | Britanniaでの日々

旅立ち

2006.09.15


ついに今日、幼き頃より馴れ親しんだ島を出る。
父も母も既にこの世にない天涯孤独の身。
この地に留まり続ける理由など何もない。


これからも故郷の土を踏む機会はたびたびあるだろうが、
きっと、今までとは違う視点でこの景色を眺めることになるのだろう。

| | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

Katharina

Author:Katharina
ブリタニア/トクノハーフ。
家族の死を機に住み慣れた徳之島を離れ、単身ブリタニアの地に降り立つ。
槍戦士。魔法は全く使用できず。隠し芸有り。

*時系列に沿って記事を書いているため、最終更新日時が実際と異なる場合があります。

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。