スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| | スポンサー広告

スリリング、エキサイティング、そしてアルコール

2006.10.14


Bailone卿のパーティに参加させてもらうことが増えたとは言え、基本的にひとりで行動するスタイルは変わらなかった。むしろ、Bailone卿によりもたらされたきっかけをどのように自分自身で切り開いていくかを考える必要があった。
それに、来月から私はフェルッカの住人となる。Bailone卿の経営するアパートへ入居することになったのだ。トラメルにばかりいるわけにもいくまい。

ということで、可能な限りは自分ひとりでいろいろな場所に顔を出してみることに決めた。
フェルッカで生活する割合も徐々に増やしていく。
途中で命を落としてもまた一興、そう割り切らなければ世界は楽しめない。


まずは手始めに、フェルッカのミノック平原北へと出かけてみる。野外で週に1度酒場が開いているとの噂を聞きつけていたためだ。
とは言え、フェルッカの地にひとりで降り立つのはこれが始めてであったため、内心はおっかなびっくりだった。赤目の輩に出会ってもすぐに逃げられるよう、リッジバックの手綱を持つ手にも力が入る。

ミノックの平原を走ることしばし…やがて平原に建つ重厚な城の前に、ほのかな灯りと人影を発見した。しかし、どうやらまだ開店準備をしているところだったらしい。

(…しまった!気合を入れすぎたか!?)

待たせていただいている間もそわそわしてしまい、さぞかし挙動不審だったであろう私。そんな客にも関わらず、酒場のマスター、Sparkさんは非常に愛想良く接してくださった。

「ブリタニアへようこそ!」

などというありがたいお言葉まで頂戴してしまい、感激しきり。

訪れる方々もほとんどが始めての方ばかりだったが、みな気さくに話してくださり、徐々に緊張がほぐれていった。
…とは言えそこはさすがフェルッカの酒場、呪文は飛び交うわ爆弾は弧を描くわ死屍累々だわ、ひとときも気が抜けないエキサイティングさもよい酒のつまみとなり、とても新鮮であった。

お客さんの中には赤目の方もチラホラいらっしゃり、最初はどきりとしたものだが、意外にも和気藹々と(時には爆弾や魔法が飛び交いながらも)不思議な時間を過ごすことができた。
その中の一人、海賊であるJack Shandyさんとは今後ちょくちょくいろいろな場所でお会いし、時には敵として対峙することになるが、それはまた別の話。


さて帰ろうと、近くに待たせておいたリッジバックを探すと…

…いない!?
ひとりでどこかに逃げてしまったか、呪文の応酬に巻き込まれたか…
まずいな、この機動力で赤目に襲われたら…



前回の折れ矢亭と言い、どうして酒場での失態が多いのだろう…
そんなことを考えながら、人気のないミノック平原を街まで全力疾走するのであった。

スポンサーサイト

| | Comments(0) | Trackback(0) | Britanniaでの日々

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

Katharina

Author:Katharina
ブリタニア/トクノハーフ。
家族の死を機に住み慣れた徳之島を離れ、単身ブリタニアの地に降り立つ。
槍戦士。魔法は全く使用できず。隠し芸有り。

*時系列に沿って記事を書いているため、最終更新日時が実際と異なる場合があります。

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。